主に美容歯科で

この施術の性質とそれを扱う専門家について

治療室

歯科クリニックであるからといって必ずインプラントを扱うとは限らず、こうした施術は美容歯科で主に扱われます。 インプラントは虫歯や歯周病によって喪失した歯を再建する施術であり、その施術の長所は差し歯や入れ歯よりも美観に優れる点に求められます。そしてインプラントは人工歯根という性質を有しており、顎の骨に根差している人工歯根のおかげで固定した歯がぐらつかないで済みます。 近年においてはインプラントが10%程度の失敗率を前提として成り立つ施術であるという認識が一般化しております。それでも安全性や正確性を重視したクリニックや技術の確かな医師を自身で調べて見つけ出せば施術に関して失敗の可能性を心配せずに済みます。

インプラントの補助手術

インプラントを支える補助技術がいくつか存在しており、まず上顎洞底を挙上させることでインプラント体埋入に必要な量の骨を確保することが可能です。患者の顎の骨が溶けてしまっている場合は遊離骨移植によって骨再生を促し、これによってインプラントに耐え得る顎を形成することができます。 一時的とはいえ麻痺が必ず出るため日本では稀にしか行われないものの下顎神経を物理的にずらす手術も補助手術として提供される場合があり、こうしなければどうしてもインプラントに支障が出るというケースを想定して知っておくことも悪くはありません。 インプラントは数ヶ月から1年を要して施術が行われる医療であり、こうした補助手術について知っておくことは長期的な施術を支えるためにも欠かせない努力と言えます。