歯を修復する

失われた歯の新しい修復技術

矯正中の歯

虫歯や歯周病などによって歯が失われてしまった場合、従来の歯科医療では入れ歯やブリッジといった義歯を用いて修復する治療が広く行われてきました。 一方、1990年代ごろからわが国において普及し始め、現在ではこれまでの治療法と肩を並べる存在になったものに、インプラント治療があります。 インプラントとはチタンやチタン合金などでできた人工歯根のことで、これを顎の骨に埋め込み、それを土台として義歯を装着するというのがインプラント治療です。埋め込まれた人工歯根は数か月すると固着という現象によってほぼ一体化といっていいほど骨としっかり結びつきます。これによって義歯が非常に安定し、天然の歯に劣らないほどの自然な使用感が得られます。

対応可能な歯科医院は増加中

インプラント治療は入れ歯やブリッジに比べて優れた点の多い治療法であり、需要も拡大しています。治療を手がける歯科医院も年々その数を増やしています。しかしすべての医院で行われているわけではありません。その理由はいくつかあります。1つには、一部の例外を除いて保険適用外の自由診療なので、治療を行うかどうかは歯科医師の裁量に任されていることです。また1つには、比較的歴史が浅い治療法であるため、技術がまだそれほど広くは行き渡っていないことです。さらに、外科手術を伴うためそれに必要な医療設備を整えばければならないという事情もあります。 一方、必要な技術や設備をそろえた歯科医院では、「何々インプラントセンター」といった名称の専門施設を設け、積極的に治療を手がけている例が見受けられます。